プロジェクターの機能について

職業や職種によっては、プロジェクターを使用しスライドでプレゼンテーションなどする機会が多い仕事もあります。その為、プロジェクターの機能や使用できるスライドなど性能を事前に把握しておくことも必要です。
プロジェクターもメーカーによっても機能は様々です。特に最近ではよりプレゼンでリアルな画像映像などを使用するケースも増えてきており、3D画像が使用できるプロジェクターも人気がでてきています。また画質や画像性能なども、より鮮明にスライドで映し出すことが出来るものも多く、昔のプロジェクターという概念がかわってきている時代です。
また近年パソコンの種類も増加し、アップル製品の物などプロジェクターとしても、より多くの機種に接続ができるよう対応可能な種類も増えてきています。特に気を付けなければいけないのが、プロジェクターとパソコンを接続する際の端子は事前に確認し、接続できる端子がついているか、切り替えなどができるかなど注意は必要です。今ではUSBデータからプロジェクターに繋ぎ、スライドで映し出し、使用する人もいますので、自分のパソコンがどの機種と接続できるのか理解しておく必要があります。
特に、プレゼンで外部会議室やホテルなどで使用する際は、通常はプレゼン先の企業からレンタルで借りる事が多いですが、接続できる端子が把握できていないと、スライドを使用しようとしても、接続が出来ず使用できない事もあるので、端子などは確認は重要です。