10000ルーメンのプロジェクターとは

プロジェクターを探す場合に基準となるものにルーメンがあります。このルーメンは明るさを表しており、この数値が高ければ高いほど明るいというものです。ルーメンは1メートル先にあるロウソクの光を手元で確認できるかどうかというのが基準になっており、2000ルーメンであれば、1メートル先にロウソクが2000本あるような明るさということになります。そのため、このルーメンの数値が高ければそれだけロウソクも増えるということが想像つき、理解がしやすくなります。

最近では10000ルーメンのプロジェクターも登場しています。1メートル先にロウソクが1万本あるということでいかに明るいかがわかります。しかし、10000ルーメンまでいくと、いかに光を集めるか、そして、それを照射するかという点で様々な問題に直面し、メーカーとしては最新の技術を注ぎ込んで作っています。値段も100万円以上し、レンタルする場合でもリース料金が他のものに比べて高くなる状況です。

ルーメンの数値が高い場合、状況が多少劣悪であってもきれいに映し出すことができます。プロジェクターにとって劣悪になりやすい環境は蛍光灯の真下です。ルーメンの数値が低くても暗闇であれば低いルーメンの数値でもどうにか見られますが、蛍光灯はルーメンの数値を如実に出してしまいます。そんな中でも10000ルーメンであればそれだけ鮮明に映し出すことが可能になります。たくさんの人を集めるイベントなどでこうしたものが使われる傾向にあります。