プロジェクターの進化

プロジェクターの違いを比較するために

プロジェクターとは、スクリーンや壁面などに画像や映像を投影するタイプのディスプレイ装置です。会議におけるプレゼンテーションなどでよく使われます。他にも、家庭でホームシアター気分を味わえたり、パーティーなどのイベント事でもよく用いられます。価格も、家庭向けの1万円前後の物から数万円する高性能の物、業務用の場合は百万円前後する物もあり、様々です。
プロジェクターの性能において、代表的な指標といえるのがルーメン(光束)という値です。これは、プロジェクターから投射される光の量を表します。家庭向けなど狭い部屋でもつかえる物は、約1000ルーメン程度になります。数十人程度の会議室や学校の教室ぐらいの広さなら、大体2000から3000ルーメン程度の物が必要になります。100人以上収容の大会議室やイベント会場で利用するなら、4000ルーメン以上の物が求められるでしょう
性能を示す要素としては、他にも画素数や接続端子の種類なども注目すべき点です。画素数(解像度)は、SVGA(800×600ピクセル)、XGA(1024×768)、WXGA(1280×800)の物が主流です。WXGAの物はワイドスクリーン(16:10)になります。そして高性能のものならフルHD(1920×1200)にも対応しています。
イベントやパーティーなど一時的な利用の場合、高性能のプロジェクターが必要なら、購入するよりもレンタルで済ませたほうが費用を安く抑えることができます。日数にもよりますが、4000ルーメン以上の高性能の物でも1万円~数万円ほどで、2000~3000ルーメンクラスなら数千円でのレンタルが可能です。

プロジェクターのレンタルはAZA





メーカー別プロジェクターの特徴


会議やプレゼンテーションの時に必須とも言えるプロジェクター、ホームシアターなどでも活躍してくれるなどの製品も出回っています。 HITACHIを初め、EPSONやSANYOなど、メーカー毎にスペックが異なるので選び時には仕様をチェックしておくのがお勧めです。
スペックでチェックしておきたい事は、解像度を初めとして、接続機器への端子、投影距離、明るさなどの情報を比較しておくと良いでしょう。 後は、予算に合うものを選んでおけば、ビジネスユース、ホームシアターで使うプロジェクター選びを成功に導いてくれます。

尚、プロジェクターの主な用途はビジネスユース、スクールなどでの利用、そして家庭で使うホームシアターなどがあります。
ネットの中にはメーカー毎だけではなく用途別に比較を行えるウェブサイトが用意してあるので、こうしたサイトを利用するとそれぞれの用途に最適な製品を見つける事が出来ます。 接続機器の端子はコンポジットやBNC、S端子、DVI、RGBなど色々な種類がありますが、何を接続するのかにより、必要な端子は変わります。

ホームシアターなどで利用する場合にはHDMI端子などが必要になり、ビジネスユースなどの場合はパソコンを接続するので、パソコンとのインターフェースが必要になります。 そのため、比較する時のポイントとして、どのような用途で利用するのかに応じて選び方も変わって来ます。

尚、投影距離は40インチや60インチ、80インチ、100インチなどで最短や最長、ワイド最短、ワイド最長などで比較をしておきましょう。